【初心者必見】DTM用パソコンの選び方 ~歌モノを作りたい人向け~

f:id:kanzaki-sound:20161025233923j:plain

DTM用のパソコンの選び方という記事は多いかもしれませんが

ある特定のジャンルに偏ったパソコンの選び方はあまり見かけなかったので僕自身の経験を元に書いてみようと思います。

 

以下のジャンル、又はそれに近い人向けのパソコンの選び方の参考になれば幸いです。

・歌モノVocaloid

・全て打ち込み前提(ボーカルのみ生の場合有り)

・バンドサウンド+α主体(バンド+ストリングスなど、バンド+シンセなど)

 ※所謂アニソン、ボカロに多く見られるサウンド

 

勿論、全ジャンルに共通する部分も多くあります。

 

それでは早速書いていこうと思います。

①OSの選択

基本的にWindowsMacの二択になると思います。

DTMが世間一般に余り普及していなかった昔は、パソコンで音楽制作をするとなるとMacでしか出来なかったらしいです。

それの名残のせいか世間一般でいうプロでの世界ではMacを使っていることが殆どです。

早い段階でプロを意識し慣れておきたいのであればMacという選択になるでしょう。

ですが、MacWindowsより高価です。

正直、DTMが普及している今ではMacでもWindowsでもどちらでもよいと思います。

Macの方が高価だからWindowsより良い音楽が作れるわけではないですし。

 

WindowsMacでは使えるソフトなどが変わってくるので、このソフト使いたいっていうのがあれば対応している方を選びましょう。

 

こんなツイートも見かけました

音ゲーマーならほとんどの人が知っているであろう人です。

Windowsでメモリ16GBのパソコンだと全く問題なく音楽制作できるが、Macの16GBだと重くてストレスしかない。Macだと32GBは必要だ。

というツイートを見かけましたので、DTMをするに当たってはWindowsの方が良いのかもしれません。因みに筆者はWindowsです。

 

OSは64bit版を選ぼう

 32bit版と64bit版の2種類がありますが64bit版のほうがいいと思います。

32bit版だと使用上メモリを4GBまでしか使うことが出来ません。DTMを真剣にやるのであれば少し厳しいのかなぁと思います。

 

② ノートパソコンかデスクトップか

自宅でDTMをする事が多いのか、出先でDTMをすることが多いのか、多いほうで選んで良いと思います。

因みにデスクトップの方がノートより安いです。ノートパソコンは小型化されている分、同スペックのパソコンにしようとするとお金がかさみます。

 

③CPUを選ぶ

CPUとはなんぞや

i7とかi5とか良く聞くアレです。CPUとはよく人間の脳に例えられますね。

 

良いCPU=頭の良い脳

 

と言えば分かりやすいでしょうか。

CPUの良し悪しによって、どれだけのソフトウェアを同時に使えるのかが決まります。

CPUによって処理速度が変わり、処理できなくなるとDAWが落ちるという事態になります。

 

使う音源によってCPUを決めてみるのも一つの手でしょう。

 

歌モノ(Vocaloid)、全て打ち込み、バンドサウンド+α主体

と、いう前提で音楽制作をする場合、どのような音源を多く使うのでしょうか?

それでは見ていきましょう。

 

Electri6ity

 

ギター音源と言ったらこれ。間違いなく最強のモンスター音源です。

とても重い音源ということでも有名。ですがリアルです。生です。

 

IvoryⅡGrand Pianos

f:id:kanzaki-sound:20161119230117j:plain

 最高にリアルなピアノ音源。利用者も多いです。高域が非常に艶やかです。

一番、このソフトにパソコンを落とされました。

 

BFD3

友人のドラマーはこいつのせいで仕事が減っていくと嘆いていました。非常にリアルで迫力のある音源です。Addictive Drums2と違って癖がないです。自分で作り上げていく人におすすめと良く言われますがプリセットでも普通に使えます。

上げたソフトの中だともっとも音色の読み込みに時間がかかるソフトです。

 

Trillian


ベースと言ったらこれ一択になるのではないでしょうか。聴いたときは衝撃でした。

BFDの次に音色の読み込みに時間がかかる気がします。

 

Massive

f:id:kanzaki-sound:20161119231733j:plain

EDMなどでよく使うシンセです。

この音源の中では比較的に軽いほうです。シンセの中だと使用者はトップなのではないでしょうか?

NIのCompleteに付属しています。

 

Session Strings

f:id:kanzaki-sound:20161119232044j:plain

 strings音源。比較的軽い音源です。

 

 

非常に重い音源が多いです。

これらを複数同時+複数のエフェクトを扱っても問題ないようなスペックは欲しいです。

僕はi7を使っています。快適に使えています。現状問題はないです。 

 サブのノートパソコンはi3ですが少々厳しく付属の音源を代わりに使用するということが多いです。

 

 ④メモリを選ぶ

メモリとはなんぞや

 メモリとは勉強机と良く表現されています。

机の上にどれだけのものを置くことが出来るのかということです。

数字が大きいほど良いです。

僕はメモリ16ですが上記にあげた音源をつかって制作していくとあっという間にカツカツになってしまいます。

すぐにでもメモリを増設したいです。32又は24にしたいと思います。

 

⑤HDDかSSD

HHD、SSD記憶媒体です。

1TB~2TB程度あればいいのではないでしょうか。

!TBもあれば上記ソフトは問題なく入りますし。

どっちにしたらいい?

ソフトの読み込みに時間がかかるのがストレスになるという人はSSDにした方がいいと思います。

僕はHDDですが上記音源を扱う際にストレスを感じたことは現状無いです。

 

 おわり

f:id:kanzaki-sound:20160904211815j:plain

いかがだったでしょうか?少しでも参考になれば幸いです。

それでは!